初心者でも楽しくアプリが作りたい!Swift超初心者日記

Swift

どうも、はっち〜です🍯

今日は、Swift超初心者が語るSwiftの学習状況とSwiftの楽しさを話していこうと思います!

スポンサーリンク

現時点の学習時間

Swiftの勉強を始めたのが3/24からなので、この記事を書いている時では学習を初めて21日目となっています🍯

今回の記事を書くまで、あまり時間経過を意識していなかったので、

結構継続してがんばったんだなーってしみじみしています笑

ちなみに学習で使用している、Udemyの学習動画の試聴時間は最近16時間を超えたようで

こんな感じで、Udemy側から学習状況を知らせるメッセージが届いていました🍯

はっち〜
はっち〜

上位90%て笑

上多すぎでしょ笑

動画を止めながら学習したり、復習のために自分でアプリを作ってみたりと

動画以外にも勉強をしている時間があるので、ざっくり25時間〜30時間ほど現時点でSwiftを勉強しています🍯

学習した内容

どの言語でも通ずるような

  • 条件分岐
  • 繰り返し
  • 関数の定義
  • 継承 など

と言った基本的な文法と、Xcodeの基礎的な使い方を学習しました🍯

また、Xcodeを触れ始めた当初は

画面ギチギチ見辛いし、英語で何言ってるか分からなかったんですけどだいぶ慣れてきました笑

はっち〜
はっち〜

始めた当初は、何が何やらだったけど、ちょっとずつ分かってきたよ🐝

Swiftのここが楽しい!

視覚的に確認できる

なんと言っても、視覚的にアプリ画面を常に確認できるのが楽しいです!

と言うのも

こんな感じで、パワポ感覚でアプリの外観をドラッグアンドドロップで簡単に作成できちゃうんです😳

(ボタンを押されたらどういう処理をするかなどをプログラムで書いていきます)

ずーっとキーボードをカタカタして、外観イメージを作って行くイメージがあったので

こんな風に完成図が出来上がってくると

お!できてきてるやん😏ってモチベも維持できます笑

また、ひと通り完成したら、

こんな風に、シュミレーターと呼ばれる仮想的なiPhoneをPC上で立ち上げて、挙動をすぐに確認できます

はっち〜
はっち〜

俺でもアプリっぽいのできてるやん!笑

っていつもテンション上がってます笑

シュミレーターとプログラムの紐付けがわかりやすい

次の図のように

ある処理を行うメソッドにカーソルを合わせると

隣のシュレミーターボードの、どの部分とそのメソッドが対応しているのか

強調表示で教えてくれます🍯

コードが結構長くなってくると、

はっち〜
はっち〜

あれ?これってどこと紐づいたメソッドだっけ?

友達
友達

えっと、、どこだっけ笑

って経験ありませんか?

私はめちゃくちゃありました笑

視覚的に全体像が見えて、この箇所にこのメソッドが紐づいていることがSwiftでは簡単にわかるので

いちいち確認する手間が省けて、とても楽チンです🍯

初心者でも簡単なアプリならすぐ作れる

これはSwiftの勉強を今でも続けられる理由でもあります🍯

大学1回生の頃、C言語の最終課題で自由制作の課題が出されたんですけど、えげつないくらい時間かかったんですよね笑

それに比べてSwiftでは、短時間で簡単なアプリが作れて、尚且つ、以前Cで作成した最終課題よりもサクサク動くというね😇

はっち〜
はっち〜

ちなみにはっち〜は最終課題でメソッドすら知らなかったのにゲームを作ったよ😇

はっち〜
はっち〜

エラーが出ると、1000行を超えるコードを1から確認してたからハゲそうになった😇

最後に

今回の記事はいかがだったでしょうか?

アプリ作ってみたいけど、以前にCやJavaで挫折しちゃったよ、、、

みたいな経験がある方ほど、Swiftを薦めたいです🍯

プログラミング自体初心者という方でも、Swiftの学ぶ基本的な文法は

他の言語にも通ずるところがたくさんあるので、初めてのプログラミング言語はSwiftでも私はいいと思います🍯

それでは次回ブーン🐝

コメント

タイトルとURLをコピーしました